デコボコ道

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
   

  
  
   
  
  
  
  
  

圧縮比

エンデューロ仕様ってことで過去にどこかの記事で圧縮比を下げるとか聞いたことあった気がするんですが、どうなのかは良く分からずでした、でもなぜに?


圧縮比下げたらパワーダウンにならないの?


とか思ったりだったんですが、低回転域では逆に圧縮するときのロスが減るとか先日のYZ125Xの動画で言ってました、なるほどそうなのかぁ….(* • v •)ホホウ…


ってことで、圧縮比を下げる方法、



先ず思いつくのはヘッドガスケットの厚みを変える


二枚重ねとかにして燃焼室の体積を増やす方法、


しかし、YZ85のヘッドガスケットは


Oリングなのです、、


なのでヘッドガスケットで調整はできない(´×ω×`)


ほかには、シリンダーヘッドの内部を削る、


l


しか、削るにはなかなか手間と腕と道具が必要じゃなかろうか、


予備にノーマルのヘッドも持っていたいし、


ヤフオクで適当な中古のヘッド探しますがそう簡単には出てこない、


私には現実的ではないな、、、( ˘•ω•˘ ;)ウムム


新品買うにもチョット値段も張る品物だし、、


で、どこかのサイトで鈴木健二選手が乗ってるYZ125の記事、


プラグにワッシャーを咬ませている、


それで圧縮比を調整してるらしいですね、.....φ(・∀・*)ナルホド


実際YZ250 125ともXのほうのスペックみると圧縮比下げてるようですね、


逆に圧縮比上げる方法でも使われてる手法らしいですね、

ロングタイプのプラグを使ってピストンに干渉しない位置にワッシャー咬ませて調整するらしいですね、


小排気量のエンジンだとこの方法でも結構効果アリらしい、


しかもシリンダーヘッド外さないで済むし、


手間もかからない


ならば試さない方法はありませんね╭( ・ᄇ・)وヨッシャー!!


ってことで、プラグに合うワッシャー探し、


つうかガスケットですね




左がプラグに合う大きさのオイルドレンパッキン(使いふるし)


これと同型のドレンパッキンを、、数百円です( ̄▽ ̄)





プラグに当ててみるとこんな感じ







ビフォー




アフター



そして、エンジンはかけてません、


だって燃料タンク空にしてるし、


キャブレター内も抜いちゃってるし〜≧(´▽`)≦アハハハ


どう変わるか楽しみですね〜


おそらくは変わるでしょう、


でもそれを私が体感できるのかどうかですけど( ゚∀゚):∵グハッ!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。